お問い合わせはこちら

ブログ

◇自律神経失調症による 不眠

2016/04/13

  1. 48歳 女性 専業主婦

 

主訴  不眠

 

症状  寝ようとしても 寝れなく、寝れないと

余計 あせって 心臓が ドキドキして 油汗

が出始め、といった 悪循環の毎日。

 

問診により

 

自律神経(交感神経)と(副交感神経)のアンバランス から発症している不眠。

 

施術内容と目的

 

全身の緊張を取る為

腹部を温熱医療器にて温め、下肢に血液促進器を同時に施し。

全身の緊張状態を確認しながら

鍼(針)治療に入る。置鍼(必要穴に 鍼をうち)

赤外線にて 温めながらの治療。

半数以上の方が 寝てしまう。

鍼の施術により身体の左右の神経のバランスを整えるのが目的となる。

赤外線の照射により 身体の温度も上がりながらの施術の為 精神的にも 安堵感が得られ

心身共 ゆったりリラックスする。

 

状態により 干渉波治療器、弱いリンパマッサージを併用し、頚椎、胸椎、腰椎の矯正を施す。

矯正に関しては 矯正以外の施術が終えた時点

にて 筋肉と骨格の接合部の緊張緩和度から判断する。

 

年齢、ご本人の性格、日中の過ごし方、

発症からの経緯時間が 改善を左右する。

 

症状発症から受診日が早ければ早い程 症状消失が早い。脳が悪い症状を深い認識をしない前に

受診し症状にあった治療を受けて頂きたい。

 

この方は 寝る前の呼吸法、ストレッチ他

指導のもと 受診後半年で ほぼ 症状の改善が

診られた。

現在も再発防止の為

ご自身の自覚症状と相談しながら 心身の疲れ

ストレスの有無により

再診を月一回の時、二回の時として施術を終えた。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。