お問い合わせはこちら

ブログ

◇頭痛。自律神経失調症が原因だった改善症例。

2016/04/26

29歳 女性 事務職

 

主訴  慢性頭痛

 

問診から

 

慢性頭痛とご本人が 話される位 常に痛みを感じている。朝起き上がると30分位で頭が重くなり午前中は頭重感、仕事に集中する時間が

長くなると痛みが発症 頭痛になる。

薬を服用するようになって5年が経過している。他 症状として 肩こり、眼精疲労、耳鳴り、と 関連誘発症状がある。

特に 気になったのは 夜中 何度か起きてしまう

事。薬に依存されている事。外科的症状だけなら 頭部から背部 胸部の緊張(こり)などの追求だけ考えればよいが 夜中起きてしまう これは 自律神経失調症からくる症状。長いカウンセリングとなったが はっきりとした原因が確認できた。

 

施術内容と目的

 

鍼(針)治療に対しての不安 緊張がない事の確認の上 施術に入れた事がよかった。

 

頭痛 発症原因が、単なる緊張型頭痛であると

診てしまう事が 他院を受診しても すぐ再発していた原因です。

 

全身緊張状態(こり)箇所を確認し 必要穴に置鍼。 自律神経のバランスを考えた施術となる。

この鍼治療中(半数以上の方)が 寝てしまう位

リラックスしての施術になります。

 

干渉波医療器、下肢血流促進器、リンパマッサージと 施術をおこなって行きます。

 

自律神経のバランス 緊張状態〜リラックス状態を施術の中で体感し、脳が認識をし、質の良い睡眠を取れるようになります。

結果 朝起きた時の体調が優れ 気持ちの良い目覚めが得られ 朝からの気持ちの良い始動になります。

副交感神経から交感神経に バトンタッチします。

緊張状態の中の睡眠が 今回の頭痛の大きな原因。痛みがなければ 薬物依存もなくなります。

この方の場合は 基本 週一回の施術とし頭重感を感じた場合、頭痛になる前 同日に施術をする。

このパターンにて 三ヶ月で改善されました。

自律神経失調症からの頭痛は こりの対処療法だけでは、改善しません。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。