お問い合わせはこちら

ブログ

◇自律神経諸症状 は 鍼(針)はり治療 で改善

2016/04/30

25歳 女性 看護師

 

主訴  不眠

 

症状   仕事が 病院勤務の為 日勤 夜勤 とシフト上 睡眠時間が バラバラ。寝ても神経が休まらず 疲労感の蓄積が増すばかり。

 

慢性疲労症候群ともいえる症状

 

施術内容と目的

 

自律神経のアンバランスからくる 不眠症状の為

全身の体温測定と緊張状態のチェックから

 

神経をリラックスさせる施術からになる。

 

腹部の緊張状態を診ながら 鍼治療(必要穴へ置鍼) 赤外線で温めながらの施術になる為眠くなる。全身をリラッス (副交感神経をリラックスさせる) のが目的になる。

他施術の流れてとして

全身のリンパ節 老廃物を流す 干渉波医療器

下肢の血流促進を目的とする 下肢血流促進器

自律神経を整える目的とする リンパマッサージ。

これらの施術工程のち

筋肉 骨格の可動域を診ながらの 頚椎と腰椎の矯正(椎間のストレッチ)を目的とする。

 

この方は 現在 月一回の施術にて 体調管理を維持されてます。

主訴症状は改善。

 

ブログにて他症状改善症例あり ご覧下さい。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。