お問い合わせはこちら

ブログ

◇不妊症 不妊治療 は 鍼治療から。

2016/05/06

31歳 初産の方の症例

 

主訴  流産を繰り返してしまう。

 

問診〜触診にて

 

不妊治療を他院にて3年

当院を紹介されて受診されたのが1年前

ご夫婦で 相談に来られた。

クリニックからのデータ(必要検査)からは

問題はない。しかし結果が得られない。

 

触診から確認出来た事

 

骨盤から下半身の温度が低い。

季節感関係なく冷たいと話された。

視診、触診から 骨盤の歪みも確認。

 

施術内容と目的

 

治療の方向性が決まり

まず

[骨盤内から下半身の温度を上げる事を]

温熱医療器により下腹部から鼠蹊部を温める

 

鍼治療(必要穴)へ置鍼 赤外線を当てながらの施術の為 うっすら汗をかく。

干渉波医療器にて下腹部から鼠蹊部 下半身の筋肉の運動。筋肉が動く事によりリンパ節に滞る老廃物の排除。

手技によるリンパ節マッサージ。骨盤内の血流を良くする事を目的とする。

最後に骨盤の歪みを整える。

 

週二回、2ヶ月 自宅にてのストレッチを指導のもと、受診から二回目の月経にてリセットし

この方は 現在 妊娠8ヶ月 途中 腰痛 逆子

諸症状はあったが 10月出産予定。

 

頑張って欲しい。

 

他諸症状 改善症例あり ご覧下さい。

 

不妊治療に関しては 精神的にもバランスが要求される為 自律神経の治療が必要な場合がある。

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。