お問い合わせはこちら

ブログ

◇自律神経症状(諸症状) 鍼治療にて改善症例

2016/05/25


45歳 女性 専業主婦

 

主訴  倦怠感、イライラ、不安感、不眠。

 

視診 問診 触診から

 

お話しをお聞き初め 顔色が蒼白で 目をパチパチされ 緊張状態にあった。

クリニックにて 定期的な必要検査は受けているが問題になるようなものはない。

 

皮膚温テスターにより 体温が低く 触診にても冷たく 腹部の音を診ても ガスが腸内で滞っているのが確認できた。

自律神経失調症からくる原因 症状に間違いない。

ご自分の意思では なかなか コントロール出来ず あれよあれよ と 症状は悪化してしまった。

主訴となる症状も全て 自律神経のアンバランスからくるもの。

 

治療内容と目的

 

腹部を温熱医療器にて温め

全身の拘縮箇所に鍼治療(必要穴に置鍼)

脊柱側に 干渉波医療器を施し神経根付近の緊張状態の緩和を目的とする。

手技による リンパソフトマッサージにて

血流促進を目的とする。

 

定期的な施術は必要になるが 体調の改善は

受診される度に 変わってきている。

 

頑張るのでなく、 たんたん とした生きていく姿勢が大事になる。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。