お問い合わせはこちら

ブログ

◇急性腰痛症(ぎっくり腰)と 慢性腰痛症の改善症例 大田区池上線長原駅

2016/06/09

急性腰痛(ぎっくり腰)と慢性腰痛症の基本的考え方の違い。

急性腰痛症は腰部の筋肉の捻挫です。損傷の大きさにもよりますが、炎症を伴う場合が多く

施術内容も限られます。(火傷をした時の事を思い出して下さい。火傷した患部を 温めますか。冷やしますか?。患部をいじりますか?

そっとして回復を待ちますか?)と 状態によって施術も患部の施し方が異なります。

 

急性の場合は

 

鍼治療(必要箇所に置鍼)

超音波医療器

炎症状態 圧痛範囲により オステオパシー

 

急性の腰部捻挫の場合は 一回の施術で

痛みが無くなるケースが多く

慢性腰痛症の場合は一回の施術にて 痛みの軽減は有ります。しかし 発症してから どの位

経過し痛みをそのままにしてきたか?

によって 回復改善がちがいます。

 

腰痛症の原因が 外科的か?内科的か?

によっても改善が異なります。

生活習慣的な原因も多々あります。

 

症状改善をご希望の方は ご連絡下さい。

改善症例は数多く有ります。ブログ参照下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。