お問い合わせはこちら

ブログ

◇自律神経をコントロールするには❗️ 東京都 大田区

2016/09/30

flow_0140歳代 女性

 

主訴  自律神経失調症 諸症状

 

問診より

 

体調不良の症状発症から10年と話された。

発症の原因追求からになった。

 

20代は 残業が毎日続いたが 寝れば回復していた。30代になると 寝ても寝ても 疲労が蓄積するだけで 疲れが とれなくって来た。

現在40歳代になり 体のトラブルが出始めてしまっている。

不定愁訴諸症状にも入る症状もあるみたいである。

自律神経失調症として まず診た。諸症状の発症が20年前からになる訳で、かなりの蓄積年数になる。ご本人の認識は 10年と話されたが 20代からの疲労蓄積が 現在の諸症状を発症させている。

 

症状改善は 正直 時間を要するとご本人にご説明した。

ご本人の脳の中で 具合が悪いとSOSサインを発していた時に 専門の治療を受診してこなかった事が 大問題である。

 

ご本人のご理解の基 体調不良改善を目的とする施術が始まった。

 

施術内容と目的

 

温熱療法

鍼治療

干渉波療法

超音波療法

下肢血流促進療法

手技による運動療法

骨格矯正

 

上記の施術内容から瞬時の症状変化に適した施術を施してまいります。

 

この方の場合

 

1ヶ月間 受診日 当日の症状から 施術内容を考え

神経をリラックスさせる目的の施術を施した。

 

1ヶ月ごとに 体調不良の症状項目の改善状態を確認し、2ヶ月目に入り 改善症状の有無から

神経に対し リラックスだけでなく 緊張状態を

施術方法の中から作り出し 体(神経)の反応を診た。

自律神経に対し リラックスと緊張状態を

交互に施術の中から 身体に負荷をかけ、

精神状態の変化を診る。

 

脳神経が 身体のリラックス状態を認識し始め、やっと 心身ともリラックス出来るよるになる。

 

この方は 長年の体調不良の症状が蓄積されて

発症していた為 改善時間が 半年かかった。

 

現在 不定愁訴諸症状の改善も自覚され

神経にストレスが加わった量により 回復力の

強弱はあるにしろ 体調も安定して生活が感じれる位までになってきた。

ご自分の 考え方の コントロールが 可能になり、現在も 週1回の施術を受けられている。

 

ブログにて他諸症状の改善症例有りご覧ください。(開業28年間の改善症例より)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。