お問い合わせはこちら

ブログ

◇自律神経失調症 からの諸症状 東京都 大田区

2016/11/21

02 03

ー自律神経失調症とはー

 

自律神経失調症は、

 

*交感神経 : 活動中・緊張している時・ストレスを感じている時にはたらく。おもに日中。

 

*副交感神経 : 休息中・体を回復している時・リラックスしている時にはたらく。おもに睡眠中。

という2つの神経のバランスがくずれた状態のことを言います。

 

活動・緊張・ストレスモードである 「交感神経」 が優位になれば、心臓の動きや肺の動きなどは必要以上に活発になります。反対に、休息・回復・リラックスモードである 「副交感神経」 が優位になれば、胃腸などの消化器官のはたらきは活発になります。

 

しかし、仕事、学校、人間関係、長距離通勤、不規則な食生活、睡眠不足、化学物質にあふれた生活など、あらゆるストレスにかこまれている私たち現代人。交感神経ばかりがはたらいてしまう傾向にあります。

 

この状況が続くと副交感神経のはたらきが鈍くなり、2つのバランスが大きく乱れてしまうことで、さまざまな症状があらわれてきます。これが自律神経失調症。

 

おもな症状には、

 

動悸、めまい、ふらつき、冷や汗、多汗、ほてり、冷え、疲れがとれない、体が重たい、不眠、便秘、下痢、イライラ、集中力の低下などがあります。

 

☆当院では

 

下記の施術内容より 症状に適した施術を施してまいります。

 

*温熱療法

*鍼治療

*干渉波療法

*超音波療法

*下肢血流促進療法

*手技による リンパマッサージ ストレッチ

*骨格矯正

 

☆症状により 受診頻度は異なります。

ご説明し ご本人の納得の上 施術は開始したします。

 

まずは 全身のリラックスを目的とした施術になります。

 

ブログにて他諸症状改善症例有りご覧ください。(開業28年間の改善症例より)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
武治療院
http://www.take-chiryouin.com/index.html
住所:東京都大田区上池台1-14-15-201
TEL:03-3748-3741
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。