大田区の鍼治療での不定愁訴の各症状の改善症例

お問い合わせはこちら

ブログ

大田区の鍼治療での不定愁訴の各症状の改善症例

2019/12/09

不定愁訴の各症状の改善症例

不定愁訴の症状改善症例

ー不定愁訴の症状改善症例ー

38歳 女性 デスクワーク

*主訴

疲れが取れない。

*問診より

この方は 「起床時 寝た気がしない」と しきりに  話された。

自律神経失調症のアンバランスからの

症状になる。他 検査からは問題がない。

ー施術内容ー

*ホットパックによる温熱療法

*鍼治療(遠赤外線を使用しながら)

*干渉波治療

*ソフトリンパマッサージ

*骨格矯正

術後のご説明

この方は 生活上 全てが緊張状態だった為、交感神経が優位に働き、

施術後 副交感神経が働くよになり

リラックスの元 帰宅された。

週一回、3ヶ月の通院にて改善。

生活の癖はなかなか 変わるものではない。意識して生活をし、良い癖をつけて行く必要がある事をご説明させて頂いた。

他 ブログにて改善症例有り ご覧ください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。