坐骨神経痛の慢性化の原因

お問い合わせはこちら

ブログ

坐骨神経痛の慢性化の原因

2021/03/22

坐骨神経痛の慢性化の原因

腰部への鍼治療

坐骨神経痛の慢性化の原因

 

慢性の坐骨神経痛は一つの原因だけで起こるのではなく、様々な原因が複雑に絡み合っておきます。原因となるものは、次のようにたくさんあります。

  1. 筋肉のこわばり(トリガーポイント)
  2. 組織の癒着
  3. 血行不良・毛細血管の減少
  4. 関節の不安定性
  5. 姿勢・動作
  6. ストレス・うつ・不安(脳の鎮痛機能の低下)
  7. 栄養


慢性の痛みは身体的な問題だけでなく、ストレス・うつ・不安などによって脳にも問題が起こり、“痛みに敏感な脳、痛みに弱い脳”になって起こっているということもわかってきました。

腰椎へのアプローチ

ー 施術内容と目的ー

 

*温熱療法

*鍼治療

*干渉波療法

*超音波療法

*遠赤外線療法

*下肢血流促進療法

*手技による リンパマッサージ ストレッチ

*骨格矯正(骨盤矯正)

 

上記の施術の内容より症状に適した治療を施してまいります。

* 激痛が、下肢に走る方と 痛みを忘れていられる時間がある方、痛みの発症のパターンが違っていますから ご相談ください。

ブログにて他諸症状改善症例有りご覧ください。(開業30年間の改善症例より)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。