不妊症を鍼整体にて改善‼️

お問い合わせはこちら LINEよりお問い合わせ

お知らせ

不妊症を鍼整体にて改善‼️

2021/09/19

不妊症‼️

不妊症の改善‼️

 

 

月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

 

原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、PMSの原因と考えられています。しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受けるため、PMSは女性ホルモンの低下だけが原因ではなく多くの要因から起こるといわれています。」

 

精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。とくに精神状態が強い場合には、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)の場合もあります。

 

症状日記をつけ病状を理解し把握することで、対処しやすくなります。PMSの症状と付き合うために、自分のリズムを知って気分転換やリラックスする時間をつくったり、自分が心地良いと思えるようなセルフケアを探してみることをお勧めします。また、カルシウムやマグネシウムを積極的に摂取し、カフェイン、アルコール、喫煙は控えたほうがよいと言われています。症状が重い場合には、仕事の負担を減らすことが治療になる場合もあります。

 

ー薬による治療ー

 

痛みに対しては鎮痛剤、むくみなどの水分貯留症状に対しては利尿剤や抗アルドステロン療法(尿量を増やす治療法)、精神神経症状や自律神経症状に対しては精神安定剤や選択的セロトニン再取り込み阻害薬物療法(脳内の活性物質セロトニンを維持する治療法)を使用します。

 

☆ クリニックを併用し、 基礎体温グラフから排卵日の確認

☆ 定期的な施術と排卵日前後の骨盤内の体温をアップを目的とする施術となります。

 

ー当院での施術ー

 

自律神経のバランスを整える施術からになります。気の滞り、リンパ節の滞り などを 触診より確認し適切な施術を施していきます。

 

温熱療法

鍼治療

干渉波療法

超音波療法

手技によるリンパ節マッサージ ストレッチ

下肢血流促進療法

骨格矯正

 

上記の施術にて施していきます。

 

ブログにて症状改善症例有りご覧ください。

(開業30年間の改善症例より)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。